※家出した女子生徒。お察しください。

プレイ内容

「泊まる所を探してあげる。あとお金もたくさんあげるよ」
 2020年7月、Twitterに「家出がしたい」と書き込んだ10代の女子生徒は、書き込みを見た男にこう持ち掛けられた。都内の待ち合わせ場所に向かった女子生徒を待っていたのは、現役教師のF容疑者だった。2人は近くのホテルに消えた。
 偽名を使ってTwitterのDMや無料通信アプリ「カカオトーク」を使用して女子生徒とやりとりを続けていたF容疑者。21年2月、わいせつ目的誘拐容疑で逮捕されると「あわよくば性行為できると思った」と、わいせつ目的の犯行だったことを認めた。
 その後の捜査で複数の女子生徒にみだらな行為をした疑いが強まり、F容疑者は健全育成条例違反の罪などで起訴された。SNSを悪用し常習的に少女を「物色」していたといい、さらに別の女子生徒とのみだらな行為をカメラで撮影していたとして児ポ禁止法違反容疑で再逮捕された。
 
これは実在した事件です。

SNSの発展によって、助けを求めるこうした家出少女が増えました。

それに伴って、言葉巧みに彼女たちに近づき、

挙句わいせつ行為をして逮捕される大人たちが数え切れないほど増えました。

家出したいほどの窮地にいる若い少女たちは、大人たちにその弱さに漬け込まれ、

男の身勝手な性欲のはけ口にされます。

大人の圧力によって、自らの身体を差し出してしまう女の子たち。

法律的にはもちろん、倫理的にもやってはならない行為です。

けれども逮捕者の中には、教師などの公務員、大企業の幹部など、

そんな罪を犯すとは考えられないほど「立派」な方々が多い。

それほど若い少女たちの持つ魅力は、計り知れないものなのでしょう。

もっとも、日頃から「こう行動するべき」「こういう考えをすべき」などの倫理規範を

社会から強いられている「立派」な人ほど、

そんな倫理観をぶち壊しても得られる少女との淫行という、

異常な快感を欲してしまうのでしょう。

事件が露呈すれば、豚箱にぶち込まれて臭い飯を食わされ続け、

顔や名前が世間に公表され、家庭とは離縁し、親戚から絶縁される。

そんな人生を棒に振るリスクを犯してまでも、

追い求めてしまうほどの快楽。

私には、その快楽が理解できます。

本作品もまた、そうした快楽を与えてくれるかもしれません。

特典映像では、
「フェラ発射」
「高画質分割映像(2分割)約5.2GB」
「別アングル映像 約4.7GB」を公開しております。

※親バレなど最悪の事態を回避したいので、必ずおひとりでご覧ください。
※作品購入後の責任は負えませんので、自己責任で作品を保管してください。

サンプル画像