家出してネットカフェで寝泊まりしていた10代の若い少女。影のある少女を言葉巧みに騙し、未完成の身体を舐めまわして未成熟なマンコにたっぷり中出し。

プレイ内容

本日ご紹介する女の子は、家出してネットカフェで寝泊まりしていた女の子です。
 
季子ちゃんと名乗ってくれた彼女は、
 
特に色白でもなく、家出していることもあり清潔感もあまり感じない子でした。
 
でも彼女は、街中で見かけるような普通の可愛らしい女の子です。そして若いです。
 
季子ちゃんは、本来ならば同級生と楽しく学校に通っているところなのですが、
 
そうはできずに、深い孤独と絶望を抱えていました。
 
彼女には大きな闇がありました。
 
それは家出せざるを得ない大きな理由でした。
 
若い子にとってそれは、心を打ち砕かれ、深い絶望を味うほどの出来事です。

若い女の子を探すのにネットカフェはうってつけの場所です。

特に夏休み、金欠な女の子たちは安いネットカフェに入り浸り、

無料で楽しめるテレビをみて、飲み放題のジュースで空腹を満たし時間を潰します。

そんな彼女たちは、孤独で金欠です。

なので、少しでも優しい言葉をかけてあげるとホイホイついてきます。

今回もいつものようにネットカフェを徘徊して、

「それらしい」女の子がいないかどうか探していました。

今回はとある都心部の店舗にて、まさに家出中の女の子と出会いました。

その女の子は、季子ちゃんと名乗ってくれました。

季子ちゃんは、誰もいないドリンクバーで炭酸ジュースをコップに入れてるところでした。

寝不足なのか目の下にクマができてて顔色が悪そうだったのもあり、

一目見て家出中だと悟った私は、警戒されないように優しく話しかけました。

…こんにちは。よかったら少しお話しない?おこづかいあげるからさ。

当然のことながら不審な様子で、苦笑いする季子ちゃん。

頭を下げてどこかに行こうとしましたが、ポケットから1万円札を出して手渡すと動きを止めました。

彼女たちにとって1万円は高額です。久々に高額な現金を目にして驚いている様子でした。

彼女は不審がってどうしようか悩んでいる様子でしたが、

有無を言わせず、1万円札を彼女の手に握らせました。

驚いた様子でしたが、迷わずお札を握りしめる季子ちゃん。もうついて来るしかありません。

簡単に自分の個室ブースに季子ちゃんを連れて来れました。

ここで大事なことは、いきなり欲を出して手を出さないことです。

まずは優しく話を聞く。そして警戒心を解いてあげて、紳士的な優しいオジサンという印象を与えます。

買ってきたドーナツを食べさせてあげると、季子ちゃんは無言のままドーナツにかぶりつきました。

実に2日間、何も食べていなかったようです。

ドーナツを食べ終わると、季子ちゃんは話し始めてくれました。

お母さんとの関係がうまくいかず、2週間前に家出したまま今も連絡をとっていないそうです。

集団行動が苦手で、学校ではいじめられ不登校になりました。

家に閉じこもるようになった季子ちゃんに待っていたのは、義理のお父さんによるイタズラでした。

再婚したばかりのお母さんでしたが、義理のお父さんとの仲は良くありませんでした。

それどころか、お母さんがいないところでは無理矢理服を脱がされ、身体中を舐められたりしたそうです。

まだ性経験のなかった季子ちゃんにとって、それはショッキングな出来事でした。

次第に義父による性暴力は加速していき、ついに無理矢理セックスされてしまいました。

初めてチンポを口に咥えられて、気持ち悪いと感じた季子ちゃん。

そして大きなチンポを無理矢理マンコに押し込まれました。

怖かったけれど逆らうことができませんでした。抵抗できず何度も無理矢理されてしまった。

「あの人の、ちんちんが、入ってきて、痛くて…」

涙ぐみながらも、拙い言葉でうまく説明しようとしてくれる季子ちゃん。

とても悲しいお話です。思わず彼女を抱きしめていました。

でも私の頭は、彼女と生ハメすることでいっぱいでした。

誰にも相談できず、お母さんにも心を開かなくなってきた季子ちゃん。

お母さんとの関係が悪化してきて、本当の暴力を振われるようになります。

「”これだからお前は出来損ない”とか、”いなきゃいいのに””産まなきゃよかった”と言われて…」

季子ちゃんの腕には大きな痣がありました。そして太ももにも殴られたような痕が。。

優しく抱きしめてあげました。大丈夫だよ、きっといいことあるよ。と優しく囁きました。

季子ちゃんの若い香りを間近に感じると、思わず勃起してしまいました。

私は最低な人間なのでしょうか。

しかし、ぎゅーしてると我慢できなくなってきました。

家出当初は行くあてもなく、ネカフェを生活拠点にしていた季子ちゃん。

「おじさん達によく話しかけられるけど..」

エッチを誘われることもあったけれど、一度もお金のために遊んだことはないそうです。

義父による性被害があったことから、エッチなことには抵抗があるらしいです。

そこで優しく提案してみます。

…大きなお風呂に入りたくない?もっとゆっくりお話ししようよ。

もう目の前のオジサンを信頼しきっている季子ちゃん。

ただ、うなずいてくれました。

ホテルに入り、何日かぶりのお風呂に入った季子ちゃん。

とてもスッキリとした顔で、顔色がよくなった感じがしました。

口数が少ない子なので、こちらから話さないと会話が止まってしまいます。

なんでもないような世間話をしながら、おもむろにカメラを取り出しました。

…あのさ!ちょっと撮らせてもらってもいいかな?誰にも見せないからさ。

急に不信感を滲ませて、怖い顔つきになる季子ちゃん。

人に裏切られて続けてきた女の子は、こんな顔になるのでしょう。怪訝な顔で見つめてきます。

ここで、ものを言うのはお金です。

さっき渡した数倍の現金を彼女の目の前に見せると、顔つきが変わりました。

泣きそうな顔でしたが、ただ、うなずいてくれました。

エッチ自体に抵抗はあるものの、エッチをするまでのハードルは低い、これが性被害者の特徴です。

ネカフェで見かけた時から、勃起し続けてるチンポをはやくこの子にぶち込みたくて仕方がなかったです。

服を脱がせると、ぶたれた後のような傷が残っていました。

綺麗な身体が好きな方は、この子は好みではないかもしれません。

しかし彼女の身体には壮絶な人生が物語っているようでした。なぜか興奮が増していきます。

義父からは当然のように生ハメをされていたという季子ちゃん。

生ハメの危険性を理解していない様子でした。こういう子が望まない妊娠をしてしまうのでしょう。

しかし理性を失っている私は、彼女に聞くまでもなく生ハメして中出しをしてしまいました。

若いマンコの気持ちよさは、他の何物にも変え難い快感でした。

この先、彼女が家に戻るにせよ、家出を続けるにせよ、

強く生きてほしい。そして負けないでほしい。

ただ、この映像をご両親が発見しないことを願うばかりです。

サンプル画像